英語学習。親は高いレベルを目指しているけれど、子供は楽しんでいるだけですよね。

小さい頃から子供を英語教室に通わせている親は、子供に大きな期待をしているんですよね。小さい頃から英語に親しむことで英語耳を作っておきたいという願いがあるお子様や将来英語を使った仕事に就いて欲しいなど様々でしょう。
また、親自身、学生の頃に英語で苦労したとか英語が苦手だった。

だから、子供には苦労させたくない、英語を得意になって欲しいと思って習わせている人もいるでしょう。

今、高校受験も大学受験もほとんど英語は受験科目になっているでしょう。小さい頃から慣れ親しんでいれば、リーディングは元よりリスニングは、簡単にできるような気がします。

そして、今、日本の政治家達も懸念している社会のグローバル化。社会がどんどんグローバルになっていく中、国際社会の中で日本だけ取り残されてしまってはいけないと英語を小学生から必修科目にすることになった。

しかし、小さい頃から英語を習わせている親のモチベーションはもっと高いでしょう。あまり高望みをして子供が英語を学ぶことを楽しめなくなっては本末転倒。

親の願いは抑えつつ、子供には楽しみながら、どんどん英語を吸収して将来の役に立ててもらいたいものです。

ロゼッタストーンのようにゲーム感覚でやれる英会話教材が自然で良さそうに思いますね。

いつか「英語をやっておいて良かった」と言ってくれれば、親としては本望でしょう☆