健康食ダイエットのブームに流されないで。

一つの食材を食べると健康に良いという情報が、ブームになることは多いですよね。
でも、冷静に考えてみると、一つの食材を偏って食べることは、木を見て森を見ないのと同じ状態かもしれません。

今までの健康食ブームを検証して、本当に体に良い食事について書かれている本が、幕内秀夫さんの「『健康食』のウソ」です。
テレビ番組や雑誌などで、一つの食材の栄養について説明があるとします。 そして、その栄養を摂取すると、痩せることができるとか、頭痛が治るとか、風邪の予防になるとか、いろいろと報道されます。

しかし、どのテレビ番組も雑誌の記事も、毎回いろんな食材について、良い効果があることを報道しているので、結局のところ、さまざまな食材を摂取することが大切なのだなと思います。

朝食にバナナを食べると良いというブームが流行したときは、どこのスーパーマーケットに行っても、バナナが売り切れていて、なかなか買うことができなかったのを覚えています。 これは、人間の購買意欲を刺激するのは間違いないですね。